読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"前編"よみうりランドに行ってきた話。

どうも、一回書いた記事がなぜか消えて、萎えているルークです。ものすごく萎えてます。

あと今、姉が隣でフンフンと鼻息を荒げながらスマホを見て笑っています。なんか怖い。

 

先日、よみうりランドに友人と3人で行ってきたので、そのことに関して書いて行きたいと思います。

 

よみうりランド公式ホームページ

http://www.yomiuriland.com/

 

入園。

f:id:Rook_takenokoooo:20170405211026j:image

このワクワク感ハンパねぇです。

入園口で並んでいると、小学生の子が数人できていて、よほど興奮していたのか、3分ほど連写していたことに気づかなかったようです。

カシャカシャ鳴ってるよと注意しようと思いましたが、あまりに目が輝いていて、彼らの希望に満ちたを、僕の登場によってのはった薄汚れた水槽のごとく濁らせるようなまねはできませんでした。

せめて僕が仮面ライダーだったら希望に満ちた注意ができたかもしれません。なので全日本仮面ライダー協会の方、どうか僕に入ライダー手続きをさせてください。特技はオレオの白黒を綺麗に剥がすことです。

 

 

なにいってんだろ。

 

 

 

最初に向かったのはバンデットです。

陽気な音楽が流れるこのジェットコースターは、超スリリングでした。地上50mから最高時速110kmで急降下するのは内蔵浮きまくりです。

 f:id:Rook_takenokoooo:20170406160447j:image

途中、

「アブィブゥルァァァアァァ!!!」

汚い馬小屋の干し草のような声で叫ぶ女性がいて、をしました。

 

 

 

続いて向かったのは、『クレイジーヒューストンです。

このアトラクションはクレイジーヒューと呼ばれる方とクレイジーストンと呼ばれる方に別れていて、ヒューと呼ばれる方は、急上昇が売りのアトラクション、ストンと呼ばれる方は急降下が売りのアトラクションとなっています。

f:id:Rook_takenokoooo:20170405215235j:imagef:id:Rook_takenokoooo:20170405215238j:image

感想としては、

 「これぞ"たまひゅん"」

そんな感じです。ちなみに靴を脱ぐと爽快感異臭に包まれていい気分でした。

 

最初乗る前は、「なに?おおげさなんじゃない?余裕余裕!舐めてんの?あ、いや、舐めていらっしゃりまするの?ごめんなさい、ぼくもやっぱり怖いです。」と行った調子でパニックで挙動不審になり、友人の目から冷凍マグロのような冷たい視線をあび、違う意味でたまひゅんでした。

 

しかし、乗ってみるとなんとなんと、楽しくなってきちゃいました。なんというかこう病みつきな感じです。文字どうり、病みですね。

自分でもわかってましたよ。

僕はもうおかしくなっちゃったんだな。あはは。

そんな風に思ってました。そのとうりですね。

だって、乗るたびに「ああ、またここか。もう何回落ちただろうか。もういっそのことここから生身で落ちてやろう。」と、こんなことを考えてましたから。

 

ということで、どうやらこのアトラクションは人間の理性を狂わせてしまう精神兵器のようです。

 

冗談です。みなさんもぜひ乗ってみてください。空に家族との思い出が浮かんで見えて、楽しいですよ。あと、浮かんで見えたことを他言してはいけませんよ。本気で心配されます。

 

 

 

 

 

余談ですが、前回の記事の「ケーブルの類をきれいに束ねる話」が変なまとめサイトみたくなってしまって、見返して自分で「クソつまらん」と口にして、自分の尻を3発ほど叩きました。

ペチンペチンいってましたが、決して変な趣味に目覚めた訳ではないなでご安心を。

あと、自分へのお仕置きとして、今日は厚めの辞書を枕がわりに寝ることにします。これで明日の朝は肩こりが酷くなること間違いなしです。

 

 

 ⬇︎ブログ用Twitterもあります!⬇︎
http://twitter.com/@Rook_Biboroku